メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東京・築地市場、来月豊洲移転 曲折30年、役割揺らぐ

 世界最大級の魚市場を有し「日本の台所」と呼ばれてきた東京都中央卸売市場築地市場(中央区)が、来月6日で83年の歴史に幕を下ろし、豊洲(江東区)に移転する。老朽化した施設の再整備が約30年前に決まって以来、曲折をたどってきた。その間、流通が変化して築地の水産物取扱量は半減し、市場が果たしてきた役割も揺らいでいる。【市川明代、森健太郎、芳賀竜也】

この記事は有料記事です。

残り2673文字(全文2846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです