メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東京・築地市場、来月豊洲移転 曲折30年、役割揺らぐ

 世界最大級の魚市場を有し「日本の台所」と呼ばれてきた東京都中央卸売市場築地市場(中央区)が、来月6日で83年の歴史に幕を下ろし、豊洲(江東区)に移転する。老朽化した施設の再整備が約30年前に決まって以来、曲折をたどってきた。その間、流通が変化して築地の水産物取扱量は半減し、市場が果たしてきた役割も揺らいでいる。【市川明代、森健太郎、芳賀竜也】

この記事は有料記事です。

残り2673文字(全文2846文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです