連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。喜びや悩み、思い出がいっぱい。

連載一覧

学校とわたし

クラスの場を盛り上げる専門=お笑い芸人・秋山竜次さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

秋山竜次(あきやま・りゅうじ)さん

 ふざけてばかりの子どもでした。ものまねが好きで、学校の先生や同級生の仕草をまねしたり、テレビのCMソングを完コピ(完全コピー)したりしましたね。特にCMソングは家で見た翌日に学校で披露できるくらいの勢いで練習しました。地元ならではのローカルな雰囲気の漂うCMソングがありますよね。子どもながらに「これをまねしたらうける」と勘が働き、周りが随分と笑ってくれましたよ。

 ものまねの目的の一つは好きな女の子の気を引くことでしたが、「やめて」と言われるだけでした。中学生、高校生になると、少し成長して、文化祭などでコントをしたり、クイズ大会を企画したりもするようになりました。でもね、ふざけてばかりという生き方の本質が変わっていなかったからなのかな、女の子に全くもてませんでした。中高ともに「彼女」はできませんでしたが、先生も同級生も僕の存在を認めてくれて、学校に居場所が…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文973文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集