メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

早期離職しない就活を

インターンシップに関する講座で話を聞く若者たち=東京都千代田区の東京しごとセンターで

 <くらしナビ ライフスタイル>

 昨年以上の「売り手市場」とされた大学生の就職活動。だが、安易に決めれば早期離職につながりかねない。2020年卒業予定者のインターンシップ(就業体験)も始まった。悔いのない就職のためには--。

 ●就業体験を活用

 「インターンシップは開催時期や期間によって、内容も、選考との関係も違う。意識して有効活用してほしい」。東京都内で8月にあった公益財団法人「東京しごと財団」(東京都千代田区)によるインターンシップ講座。キャリアカウンセラー、澤本和重さんの話を、学生たちが熱心にメモに取る。採用の動きが早く、しかも分かりにくくなったことを受け、初めて開いた。都内の私立大3年の女子学生は「先輩の話を聞いて心配で……。採用でインターンシップがどんな位置づけなのか知りたい」と明かした。

 「3年の夏にインターンシップに参加した企業から、今年1月にES(エントリーシート、応募書類)の提出を求められ、試験期間中に慌てて書いた」。大手消費財メーカーに就職予定の東京理科大4年の女子学生は、そう振り返る。結果に満足はしているが、最初に目指した仕事とは異なるという。「今やりたい仕事より、働き続けられる環境かどうかで決めた。就職先を選ぶ軸がずれたと思う」。現在は入社に備え、そのメーカーの製品を…

この記事は有料記事です。

残り1917文字(全文2470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです