メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
教育の窓

聴覚障害生徒の進学支援 都内で大学生が無料塾

塾では手話や、講師の話した内容をスクリーンに映し出す「要約筆記」など、聴覚障害のある生徒が分かりやすい指導法が取り入れられている=東京都新宿区で

 <kyoiku no mado>

 聴覚障害のある中高生の大学進学を支援するため、福祉専門の日本社会事業大学(東京都清瀬市)の現役学生らが講師を務める無料学習塾が、都内で開かれている。手話通訳や、講義で話した内容をスクリーン上にまとめる「要約筆記」など、生徒のニーズに合わせた指導法を取り入れた。塾を主催する同大関係者らは「聴覚障害生徒が進学を目指すための支援基盤は弱い。生徒の学習権を保障するためにも支援を進めるべきだ」と指摘する。【蒔田備憲】

 「それでは授業を始めます」。教室に姿を見せた英語担当の講師があいさつをすると、スタッフがすぐに言葉…

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2230文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです