メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

聴覚障害生徒の進学支援 都内で大学生が無料塾

塾では手話や、講師の話した内容をスクリーンに映し出す「要約筆記」など、聴覚障害のある生徒が分かりやすい指導法が取り入れられている=東京都新宿区で

 <kyoiku no mado>

 聴覚障害のある中高生の大学進学を支援するため、福祉専門の日本社会事業大学(東京都清瀬市)の現役学生らが講師を務める無料学習塾が、都内で開かれている。手話通訳や、講義で話した内容をスクリーン上にまとめる「要約筆記」など、生徒のニーズに合わせた指導法を取り入れた。塾を主催する同大関係者らは「聴覚障害生徒が進学を目指すための支援基盤は弱い。生徒の学習権を保障するためにも支援を進めるべきだ」と指摘する。【蒔田備憲】

 「それでは授業を始めます」。教室に姿を見せた英語担当の講師があいさつをすると、スタッフがすぐに言葉…

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2230文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです