メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

当然?それとも負担? あなたにとって月経とは

 「あなたにとって月経とは?」。クリニックを訪れる患者に、頻繁に向ける問いかけです。「毎月来ないと心配」「女性であるならば当たり前のこと」「邪魔者」「痛みに耐えるのがつらい」などなど。大ざっぱにいって、「月経はない方がいい」の意見が多いようです。中には、月経痛があるたびに、痛みのない人たちとの間に大きなハンディキャップを感じてしまうと言い切った女性もいます。このように回答したのは、ピルを使って月経周期を調節し、月経痛から見事に解放された女性です。

 どうして日々、このような質問を繰り返しているのか? 最近、女性ホルモン剤を成分とした保険適用のあるピルにも選択肢が増えているからです。ピルを21日間あるいは24日間飲んで、7日間あるいは4日間偽薬を服用(休薬)することによって、28日の周期を整える周期投与法と、ピルを連続して服用して、自分が望むときにだけ月経を起こすフレックス。ピルを77日間連続して服用し7日間休薬する3周期連続投与法などが次々…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです