メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「海原」創刊号刊行=酒井佐忠

 「海原(かいげん)」創刊号(9月号)が刊行された。金子兜太の俳誌「海程」の後継誌である。「海程」が創刊されたときと同じように主宰誌ではなく同人誌形式として出発する。代表は安西篤、発行人・武田伸一、編集人・堀之内長一、副編集人・宮崎斗士のメンバー。運営委員長には柳生正名が決まり、兜太の遺志を受け継ぎつつポスト平成の俳句に向けて新たな船出をする。

 「俳句形式への愛を基本とし、俳諧自由の精神に立つこと」。「海原」の理念は「海程」創刊のときに兜太が…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文575文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです