メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊サラダぼうる・MyWay

わたしの生き方 時代超える旅目指す 作家・探検家 角幡唯介さん

「子どものころは革命家やスパイに憧れていました」=神奈川県鎌倉市で、宮武祐希撮影

角幡唯介(ゆうすけ)さん

 両親がスーパーを経営していて、長男の俺は継ぐ立場でしたが、それがすごく嫌で。親が社長ですから、店長さんやパートのおばさんが「可愛いね」と言ってくれるわけじゃないですか。でも、その優しい声が重荷。俺のことを可愛がってくれるのは、俺が俺であるからではなく、社長の息子だからだろうみたいな。自分が生まれながらに特別な場所を与えられている。恵まれているという劣等感がある子どもでした。

 もともと人とは違う生き方に憧れていました。早稲田大2年の時に「世界の可能性を拓(ひら)け」という探…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1463文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです