メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

「アジアチャンピオン実感」池江、躍進女子の象徴 東京五輪へ膨らむ期待

アジア大会のMVPに選ばれ、トロフィーを手にボランティアと記念撮影をする競泳の池江璃花子(中央)=インドネシア・ジャカルタで2018年9月2日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ村上正】アジア・オリンピック評議会(OCA)は2日、第18回アジア大会の最優秀選手(MVP)に競泳女子で6冠に輝いた日本の池江璃花子(18)=ルネサンス=を選出した。1998年バンコク大会で創設されたMVPで女子が受賞するのは初めて。日本が獲得した金メダル数の内訳も女子が男子を上回り、2020年東京五輪での女子の活躍を期待させる象徴ともなった。

 日本勢のMVPは14年仁川(韓国)大会の競泳男子の萩野公介(ブリヂストン)に続き4人目。2日の閉会…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです