安倍首相

自衛隊幹部を前に憲法改正に意欲

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は3日、防衛省で開かれた自衛隊高級幹部会同で訓示し、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べた。憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示した形だ。

 会同は毎年行われており、今回は自衛隊幹部ら180人が出席した。首相…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

ニュース特集