歴史観光

源頼朝建立「永福寺」の姿、VRで体感 鎌倉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
VR永福寺の映像の一部、実朝が楽しんだ花吹雪の舞う永福寺が体感できる=湘南工科大・長沢研究室提供
VR永福寺の映像の一部、実朝が楽しんだ花吹雪の舞う永福寺が体感できる=湘南工科大・長沢研究室提供

 源頼朝が建立した「鎌倉3大寺院」の一つ、「永福寺(ようふくじ)」の往時の姿を仮想現実(VR)で実感できる「VR永福寺」が鎌倉歴史文化交流館(神奈川県鎌倉市扇ガ谷)で常設公開されることになった。三代将軍の実朝が歌会や花見に興じた故事などを踏まえ、壮大な伽藍(がらん)が臨場感たっぷりに再現されており、歴史観光の新たな目玉スポットになりそうだ。【因幡健悦】

 永福寺は、頼朝が滅ぼした奥州藤原氏や戦死者の鎮魂のため、1192年に着工された。中央の二階堂(本尊・釈迦(しゃか)如来)、南隣の阿弥陀(あみだ)堂(同・阿弥陀如来)、北隣の薬師堂(同・薬師如来)、南北端の翼廊、池に突き出した釣殿までを回廊でつないだ独特の意匠で知られる。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文827文字)

あわせて読みたい

ニュース特集