メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マケイン氏葬儀

トランプ大統領に苦言 弔辞のオバマ氏ら

マケイン米上院議員の葬儀で弔辞を読んだオバマ前大統領は、マケイン氏の「国民を一つにする」という政治信条の大切さを訴えた=ワシントンで1日、ロイター

 【ニューヨーク國枝すみれ】先月25日に死去した米共和党の重鎮、マケイン上院議員の葬儀が1日、ワシントン大聖堂で開かれ、オバマ前大統領とブッシュ(子)元大統領が弔辞を読んだ。2人は名指しは避けつつも、トランプ大統領を批判した。

 マケイン氏が生前、政治の分断をあおる手法などを厳しく批判してきたトランプ氏は葬儀に招かれなかった。弔辞は、マケイン氏と2008年の大統領本選を争ったオバマ氏、00年大統領選では共和党候補指名を競ったブッシュ氏に依頼された。

 オバマ前大統領は、国民の意見が分裂している時こそ、マケイン氏が大切にした「制度や法、社会規範」が国民を一つにすると訴えた。さらに「(マケイン氏は)ご都合主義や党派の違いから事実を曲げることになれば、民主主義は機能しない、と分かっていた」と述べ、演説やツイッターで虚偽や誇張が目立つと指摘されるトランプ氏を暗に批判した。

 ブッシュ元大統領も、マケイン氏は「権力の乱用をひどく嫌い、偏見を持つ者や独裁者を我慢することはできなかった」と指摘。独裁・強権的な世界の指導者を称賛することもあるトランプ氏に苦言を呈した。

 最も率直な批判をしたのはマケイン氏の娘のメーガンさん。「マケインの米国は再び偉大にする必要などない。いつも偉大だったから」と、トランプ氏のスローガン「米国を再び偉大な国に」を批判し、拍手が起きた。

 トランプ政権からはトランプ氏の長女、イバンカ大統領補佐官と夫のクシュナー大統領上級顧問らが出席。招かれなかったトランプ氏はこの日、ゴルフに出かけた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  2. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  3. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです