メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の大雨か
捕鯨総会

建設的な議論を 映画監督の八木景子さん

映画祭のためロサンゼルスを訪れ、捕鯨問題について語った八木景子監督=米ロサンゼルスで2018年8月18日、長野宏美撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】10日に開会する国際捕鯨委員会(IWC)総会を前に、日本の捕鯨を巡る論争を追い、反捕鯨派に対して反論する視点も紹介するドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子監督(51)に映画製作のいきさつや総会への期待などを聞いた。

 製作のきっかけは2014年の国際司法裁判所(ICJ)の判決だった。日本が南極海での調査捕鯨の中止を命じられ、「鯨肉が食べられなくなるのでは」と思い、関係者に話を聞き始めた。

 10年にアカデミー賞を受賞した米映画「ザ・コーヴ」は和歌山県太地町のイルカ漁を反捕鯨派の視点から批判的に描き、注目された。八木さんは同町に長期滞在し「コーヴ」で伝えられなかった日本側の意見も紹介した。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 新型コロナ 伊勢崎の男性が感染 県内で会食、7人濃厚接触 /群馬

  5. 埼玉県、倍増の600床確保へ 感染拡大傾向で病床数判断引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです