メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・十津川

災害リスク減へ「別宅」 村営住宅貸し出し

 2011年9月の紀伊半島豪雨で死者・行方不明者が13人に上った奈良県十津川村は、災害リスクの高い山間部の住民に、「別宅」として村営住宅の貸し出しを始めた。慣れ親しんだ自宅と、災害に強い住まいを並立させ、将来的な集落統合につなげる狙いがあるが、コミュニティーを新しくつくる難しさにも直面している。

 熊野川近くの平地に、地元産材を使った5棟の平屋建て長屋が並ぶ。村が昨年4月、中央部の猿飼地区で過去に大災害に見舞われた記録がない場所に、総額2億7000万円をかけて整備した村営住宅「高森のいえ」だ。

 「どちらに住んでもいいという条件は魅力」と話す大谷憲次さん(69)の自宅は、約15キロ山奥に入った…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです