メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

熱き16日間、終幕 次回は中国・杭州

 【ジャカルタ倉沢仁志】第18回アジア大会は最終日の2日、分散開催されたパレンバンで大会最後の種目となったトライアスロン混合リレーがあり、日本が2連覇を達成して有終の美を飾った。日本の金メダルは75個となり、国・地域別の獲得数で1994年広島大会以来、24年ぶりに2位となり、2020年東京五輪へ弾みをつけた。中国が132個で10大会連続の1位、3位は49個の韓国。6冠を果たした競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が大会最優秀選手(MVP)に選ばれた。

 今大会は45カ国・地域から1万1000人以上の選手が参加。「Energy of Asia(アジアの…

この記事は有料記事です。

残り1478文字(全文1754文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです