メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「夢印」ほか

 ■夢印(むじるし)(浦沢直樹著・小学館・842円)

 仏ルーブル美術館の依頼で執筆された漫画。大借金を背負った父娘がたどりついた先は一軒の古い館。そこにいた一人の男に、ルーブルから絵を盗む一発逆転の策を授けられる。この男こそ赤塚不二夫が生み出したキャラクター「イヤミ」。バカバカしくも隅々まで練られたドタバタに、ロマンと不可解をまぶした浦沢節がさえる。(内)

 ■和声法がぐんぐん身につく本(土田京子著・ヤマハミュージックメディア・1026円)

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです