メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代能楽集

俳優、ダンサーで現代版「竹取」上演

 古典作品を現代に再生させる東京・世田谷パブリックシアターの「現代能楽集」シリーズ第9弾「竹取」が上演される。構成・演出を小野寺修二が務め、詩人で劇作家の平田俊子が脚本を担当する。小野寺は「能にある『見立て』の考え方を生かして、物語の筋を追うのではなく、その世界観を身体や言葉を使って表現したい」と語…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです