メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「将軍 SH〓GUN」の撮影現場で、監督補の南野梅雄は時代や風俗の考証も手伝った。ハリウッドが日本を舞台に映画を作ると、しばしば噴飯ものの珍品になりがち。そうならないように、おかしなところがあれば監督やプロデューサーに修正を求めるお目付け役。南野は「ストーリーをいじるわけにはいかないけど、恥ずかしくないものにしたかった。主演の三船敏郎さんの影響力が強くて、三船さんが意見すると向こうが黙ってしまうから、彼に言いに行きました」と積極的に発言した。

 「妥協もしたので、出来上がったらおかしなとこがいっぱいあるんですよ」。南野はそう言うが、本格的な時…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです