メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第6講 ハモ たぎる生命、潮と快適海底で

ハモ料理。(手前右から時計回りに)ハモの湯引きと焼き霜造り、珍味の一皿とハモ皮ざく、ハモ鍋=小出洋平撮影

 関西の夏を彩るハモ。涼しげな純白の身が目と舌を楽しませてくれる。7月の祇園祭や天神祭になくてはならないこの魚も、プレート(岩板)の活動がもたらした恵みなのだ。

 最高級のハモの漁場は、淡路島の南に浮かぶ沼島から徳島沖にかけて。この日のハモは沼島産で、とびきり大きい1キロの大物に仰天。「エコール辻大阪」の大引伸昭先生が「今朝、絞めたのに動いてました」。生命力が半端ないから、真夏に瀬戸内から京都まで生きたまま運べ、祇園祭に重宝された。

 小骨が多いハモの料理に欠かせないのが骨切りだ。1寸(3・03センチ)に24~26回包丁を入れ、1ミ…

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1911文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです