メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
揺れる鉄路

釧網・根室線 自治体負担が焦点 釧路で協議会 /北海道

 JR北海道の路線見直し問題で、釧網線(東釧路-網走)と根室線(釧路-根室)の沿線自治体とJR、国、道による協議が3日、釧路市で開かれ、自治体の負担や国の支援のあり方について質問が集中した。

 2線はJRが単独では維持できないとしたものの、道の有識者会議ではいずれも「路線維持に最大限努める」と位置づけられ…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです