特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

伏見・不法投棄 斜面の土砂、再び崩落 「是正工事」で搬入分 市「業者に締め固め指導」 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
積まれた土砂の一部が崩落しているのが見つかった大岩山=京都市伏見区で2018年9月2日、川平愛撮影
積まれた土砂の一部が崩落しているのが見つかった大岩山=京都市伏見区で2018年9月2日、川平愛撮影

 京都市伏見区の大岩山で不法投棄された土砂などが西日本豪雨で崩れ、住宅街に迫った問題で、崩落防止の是正工事中の斜面が再度崩れていたことが3日までに分かった。工事手法を巡っては、以前から専門家が疑問視し、再び崩落する危険性を指摘していた。ここ数日の雨で崩れたとみられ、非常に強い台風21号が迫る中、住民は不安を訴えた。

 再び崩れたのは、土砂投棄により危険な斜度となった斜面を整形するため、新たに大量の土砂が搬入された部分。現場を確認した住民は「幅約10メートル、長さ約30メートルにわたって崩れていた」と説明したが、市は毎日新聞の取材に「計測はしていないが長さは10メートル程度と思う」と語った。市は3日、業者に崩落した現場を再び締め固めるよう指導したという。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文573文字)

あわせて読みたい

注目の特集