メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/66 アジア大会の南北合同チーム 北朝鮮の選手に衝撃 /大阪

アジア大会女子バスケの試合前に記念撮影する南北合同チームの選手たち=ジャカルタで2018年8月15日、宮間俊樹撮影

 インドネシアのジャカルタで行われたアジア大会に、南北朝鮮の合同チームがバスケットボールとカヌー、ボートの3種目に出場した。女子カヌーでは合同チームが金メダルを獲得して、韓国は大いに沸いたのだが、南北の若い選手たちの急造チームがどれくらいうまくやれるのか、互いにどのように接するのかにも関心が集まった。なんせ競技用語から南北では随分違う。北朝鮮ではバスケットのパスは「ヨンラク=連絡」、卓球のサービスは「チョノッキ=打ち入れ」というのだそうだ。

 韓国のニュース映像をずっと見ていたが、女子選手たちは、ファッションや髪形がはっきり違っていて、一目…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1318文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです