白干し梅

盗ませない 夜間にパトロール JA紀南青年部 田辺 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「梅干盗難防止パトロール中」のステッカーを手にするJA紀南青年部三栖支部の若手農業者=和歌山県田辺市中三栖で、藤田宰司撮影
「梅干盗難防止パトロール中」のステッカーを手にするJA紀南青年部三栖支部の若手農業者=和歌山県田辺市中三栖で、藤田宰司撮影

 JA紀南青年部三栖支部(掛田雄史支部長、21人)は8月30日、田辺市三栖地区の倉庫などに保管されている梅干しの盗難を警戒する夜間パトロールを始めた。

 梅は6~7月に収穫されて塩漬けにされ、8~10月の天日干しを経て「白干し梅」になる。白干し梅は10キロ入りのたるに詰めて保管され、順次出荷される。

 夜間は無人になる倉庫や作業場から白干し…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文341文字)

あわせて読みたい

ニュース特集