メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

2カ月ぶり、児童ら歓声 倉敷・真備の小中高で始業式 /岡山

玉島小に登校する箭田小の児童ら=岡山県倉敷市玉島阿賀崎3で、平川義之撮影

 西日本豪雨で浸水被害を受けた倉敷市真備町地区の市立小中学校、高校で3日、2学期の始業式があった。各校は豪雨の影響で7月6日から臨時休校となり、そのまま夏休みに入っていた。約2カ月ぶりの授業で、子どもらの歓声が響いた。【戸田紗友莉、小林一彦】

 このうち市立箭田小(全校児童268人)は校舎が浸水して使えなくなったため、当面は約9キロ離れた市立玉島小と県立玉島高で授業を受ける。この日の始業式は玉島小であり、児童はスクールバスなどに乗って登校した。

 多目的ホールであった始業式で、箭田小の大崎卓己校長は「災害に負けず、素晴らしい2学期にしましょう」…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです