メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九月は日奈久で山頭火

今年で19回目 多彩なイベント予定 熊本・八代市 /熊本

 開湯約600年の歴史がある熊本県八代市の日奈久(ひなぐ)温泉街で、放浪の俳人・種田山頭火(さんとうか)(1882~1940年)が滞在したことにちなんだイベント「九月は日奈久で山頭火」が開かれている。

 山頭火は僧侶となった後、放浪の生活に入り1930年9月、日奈久温泉の木賃宿「織屋(おりや)」に3日間宿泊した。その際「温泉はよい、ほんたうによい。ここは山もよし海もよし……」とつづった。織屋の建物は、今…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです