メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

採用指針廃止表明 横並び就活、手直し限界 青田買い、企業も疲弊

大阪府主催の合同説明会=大阪市北区で2017年10月27日、三村政司撮影

 経団連の中西宏明会長が3日、面接の解禁日などを定めた採用活動の指針を廃止する意向を表明した背景には、人材獲得競争が激化する中、「拘束力のないルールを続けても、企業が守らず意味がない」との割り切りがある。ただ、指針は形骸化したとはいえ、企業と学生の就職戦線の「目安」となってきた。採用活動が“野放し”になれば、中小企業が割を食う懸念もあり、就職活動の早期化を懸念する大学側の反発も予想される。

 「(採用指針を作っても)守らない企業が圧倒的で、経団連(会員企業)以外は、どんどん(選考活動を)先…

この記事は有料記事です。

残り1854文字(全文2100文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです