メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

自民党総裁選 「あと3年」に何を問うか=論説副委員長・人羅格

鹿児島で桜島を背景にして出馬表明した首相。NHKドラマ「西郷どん」を意識しての演出とみられる=鹿児島県垂水市の海潟漁港で8月26日、新開良一撮影

 自民党総裁選が事実上、スタートした。安倍晋三首相に石破茂元幹事長が挑む構図だ。

 首相が3選されればあと3年、総裁の任期を得る。第1次内閣を含め戦前、戦後を通じて最長の「10年政権」が可能となる。位置づけの重い党首選びである。

 8月26日、鹿児島で首相は出馬を表明した。総裁選で論戦が行われるのは6年ぶりだ。だが、これを受けた社説には、きちんとした政策論争が行われるかどうかを懸念する論調が目立った。

 首相の出馬表明は政策の具体的説明を欠いていた。毎日新聞は「石破氏がテーマごとの公開討論会を求めるのは当然だ」と首相に討論に応じるよう促した。

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2422文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 見る探る 在宅勤務は?休業は? 出勤せざるを得ない人たちの苦悩 緊急事態宣言の街から

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです