メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

人材として難民受け入れよう=滝澤三郎・国連UNHCR協会理事長

 2017年末の世界の難民の数は2540万人にもなった。各国で難民の受け入れ制限が強まる中で、国際社会は難民保護の責任分担の新枠組みを模索している。国連は今年末までに「難民に関するグローバル・コンパクト」を策定し、受け入れルートの拡大、難民の自立促進、難民を抱える途上国への支援、本国帰還の環境整備などを打ち出す予定だ。

 日本の昨年の難民認定による受け入れは20人にとどまった。国力相応の責任分担をしていない国と見られて…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1314文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです