メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

自民党総裁選・2012年 決選投票で安倍氏逆転

総裁選後に握手する安倍晋三氏(右)と石破茂氏=自民党本部で2012年9月、藤井太郎撮影

 2012年9月の自民党総裁選は大方の予想を覆し、安倍晋三元首相が決選投票の末、総裁に返り咲いた。同党は年末の衆院選で圧勝して政権を奪還。安倍氏が5年半を超える長期政権を築く出発点の総裁選になった。

 当初、派閥長老が支援した石原伸晃幹事長が優位とみられていたが、再選に意欲的だった谷垣禎一総裁を押しのける形で立候補表明したため流れが変わった。麻生太郎元首相は「平成の明智光秀。私の人生哲学には合わない」と石原氏を痛烈に批判した。

 石原氏と石破茂元防衛相の争いに割って入ったのが安倍氏だ。07年参院選で自民党が惨敗した後、健康問題…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文664文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです