メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

自民党総裁選・2012年 決選投票で安倍氏逆転

総裁選後に握手する安倍晋三氏(右)と石破茂氏=自民党本部で2012年9月、藤井太郎撮影

 2012年9月の自民党総裁選は大方の予想を覆し、安倍晋三元首相が決選投票の末、総裁に返り咲いた。同党は年末の衆院選で圧勝して政権を奪還。安倍氏が5年半を超える長期政権を築く出発点の総裁選になった。

 当初、派閥長老が支援した石原伸晃幹事長が優位とみられていたが、再選に意欲的だった谷垣禎一総裁を押しのける形で立候補表明したため流れが変わった。麻生太郎元首相は「平成の明智光秀。私の人生哲学には合わない」と石原氏を痛烈に批判した。

 石原氏と石破茂元防衛相の争いに割って入ったのが安倍氏だ。07年参院選で自民党が惨敗した後、健康問題…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです