黒田・日銀総裁

超高速取引 リスク懸念 金融技術革新で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日銀の黒田東彦総裁は3日、東京都内で金融先物市場について講演し、技術革新の悪影響を防ぐ必要性を訴えた。特にコンピューターを使って高速で売買を繰り返す「超高速取引(HFT)」について、「価格変動を拡大させるリスクを放置すると、市場の不安定性を高める」と述べ、取引所の対策強化を訴えた。

 HFTは、1000分の1秒単位で株式な…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文388文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集