メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

NAFTA枠組みの変更=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 8月27日にトランプ米大統領はメキシコとの間で北米自由貿易協定(NAFTA)の改定方針を決めた。これには特徴が二つある。第一はメキシコとの2国間関係を切り離して合意枠組みをつくり、カナダを後回しにしたことだ。

 第二は四半世紀に及ぶNAFTA体制下でのサプライチェーン(供給網)マネジメントに対して組み替えを強いたことだ。米国製造業へのテコ入れが名目だが、本当に支援なのか。

 カナダ後回しでカナダ製乗用車の対米輸出は、「ミルクなどの米国産酪農品へのカナダの市場開放」次第とな…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです