連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

NAFTA枠組みの変更=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 8月27日にトランプ米大統領はメキシコとの間で北米自由貿易協定(NAFTA)の改定方針を決めた。これには特徴が二つある。第一はメキシコとの2国間関係を切り離して合意枠組みをつくり、カナダを後回しにしたことだ。

 第二は四半世紀に及ぶNAFTA体制下でのサプライチェーン(供給網)マネジメントに対して組み替えを強いたことだ。米国製造業へのテコ入れが名目だが、本当に支援なのか。

 カナダ後回しでカナダ製乗用車の対米輸出は、「ミルクなどの米国産酪農品へのカナダの市場開放」次第となる。シボレー・インパラ(ゼネラル・モーターズ)、フォード・エッジ(フォード)、ダッジ・チャージャー(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は「カナダ車」とされ、ビッグスリーは当惑する。カナダ後回しのNAFTA枠組みの変更は果たしてビッグスリーの支援策か。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文719文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集