メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

売電利益

小水力発電施設に納付求める 検査院

 国の農業農村整備事業などで整備された小水力発電施設について会計検査院が調べたところ、2012年に電力の固定価格買い取り制度が始まって以降、利益が最大で制度導入前の約4・3倍に上昇していた。制度上、余った利益は国庫に納めることになっているが、17年度末までに納付実績はなく、検査院は3日、所管の農林水産省に改善を求めた。

 同事業では、1983~15年度までに75施設が整備され、国庫から都道府県などに約207億円が支出さ…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 台風上陸から2カ月たっても避難指示が解除されない町 宮城・大河原町と栃木市

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  5. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです