メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

爬虫類とほどよい距離感

ヒョウのような模様が特徴のヒョウモントカゲモドキ=東京都中野区で

 近年、ペットとしての爬虫(はちゅう)類に注目が集まっている。飼う人が多いのはカメ、トカゲ、ヘビだ。昔と違って飼育用品やそれぞれの個体に関する書籍も豊富にそろい、イベントも各地で開かれ、より身近な存在になっている。

 「のんびりしていてエサの食べ方も不器用。そんなところもかわいい」。東京都中野区の女性(36)が、手のひらにのせたヒョウモントカゲモドキの「モンジロウ」をいとおしそうに見つめる。インドやパキスタンなどの岩砂漠に生息するヤモリの一種で、ヒョウのような模様が特徴だ。夜行性で、体長は20~25センチ程度。爬虫類の中でも比較的飼いやすく、女性や若者に人気だ。

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです