メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞で学ぼう

巻いてたたんで親しんで 古新聞を紙資源として 造形やエコバッグに

古新聞を丸めた棒を使い、造形遊びに取り組む小学生たち=東京都国分寺市の国分寺市立第五小学校で

 <くらしナビ 学ぶ>

 学校などで新聞を教材として活用する「NIE」(教育に新聞を)の浸透とともに、子どもたちが新聞に親しむきっかけが生まれている。記事の内容だけではなく、まず紙に触れることから新聞を身近に感じてもらおうと、古新聞を利用しているケースもある。

 ●強度が出て変形可能

 7月11日、東京都国分寺市立第五小学校。長さ約1メートルの細い棒を両手いっぱいに抱えた5年生が体育館に向かう。この棒は学校や家庭で読まれた古新聞だ。児童たちが見開きにした新聞紙を1枚ずつ端からくるくると細く巻いて作った。5年生の3クラスの児童(計86人)が4人ほどの班を作り、体育館を舞台に「未来の建築家」というテーマで造形遊びに取り組んだ。

 まずは棒を組み合わせて土台を作り、そこから積み上げたり、幅を広げたりしていく。棒が硬く切るのに苦戦…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1172文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  2. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです