メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 錦織と大坂、互いを刺激 大会初、日本男女が16強

 テニスの4大大会最終戦、全米オープンで日本の男子のエースと、女子の20歳の若きホープの活躍が注目されている。男子シングルスの錦織圭(日清食品)と女子シングルスの大坂なおみ(日清食品)がともに3回戦を勝利し、今大会では初めて日本勢が男女そろってのベスト16入り。大会公式サイトは「日本のテニス界の未来は、日本の象徴である『ライジングサン』と同じぐらい明るい」と特集記事でたたえた。

 1日の3回戦は同じコートで大坂、錦織の順に戦った。大坂が6-0、6-0の快勝で初の16強入りを決め…

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです