メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

安心のために/7 助け合い困窮脱却

相談者から聞き取った家計収支表を基に話し合うグリーンコープふくおかの行岡みち子室長(中央)ら=森園道子撮影

 「月20万円弱の収入で月8万円の赤字。家賃が高いし、借金も多いね」。8月下旬、福岡市の生協「グリーンコープ(GC)ふくおか」の事務所で、GC連合の生活再生事業推進室長、行岡みち子さん(69)と家計相談支援員らが、相談のあった母子家庭の家計収支表から課題を洗い出し、支援方針を話し合った。

 GCは消費者金融などによる多重債務問題が深刻化していた2006年8月から生活再生事業に取り組んでいる。家計相談だけでなく生活資金も貸し付けるのが特徴だ。

 事業の構想を練っていた14年ほど前、事務所はJR博多駅近くにあり、行岡さんらは駅周辺で寝起きするホ…

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1377文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです