メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

軍国写影 反復された戦争/80 間島出兵 広がる火種=広岩近広

 また、出兵であった。北サハリン(樺太)の軍事占領に続いて、今度は中国東北部・間島(かんとう)へ派兵を決めた。きっかけは1920年10月2日に、間島の中心都市・琿春(こんしゅん)で起きた領事館襲撃事件だった。朝鮮人が多く住む間島は、朝鮮独立運動の根拠地となっていた。

 日本政府と軍部は10月14日、総勢1万5000人の陸軍部隊を送りつけた。シベリアから戻る部隊の一部も加わっている。出兵声明は、間島を拠点とする抗日朝鮮人が中国の馬賊(ばぞく)やロシアの過激派と組んだ襲撃だと強調した。そのうえで<自衛上必要なる警備を全う>するための出兵だと説明している。

 実は原敬首相は、事前に出兵の可否を探っていた。中国東北部を視察した陸軍少将が田中義一陸相の紹介で、…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1196文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです