メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 あまり売れなかったせいか日焼けしてしまった券。昭和50年9月12日発行。


     1872(明治5)年の鉄道開通とともに140年以上にわたって日本で使われてきた切符。1枚の小さな紙片には、発行された当時の世相や空気が凝縮されています。明治から現代まで「切符のメモリー」を写真で紹介します=随時更新

     <資料提供>食堂ほんだ(茨城県大洗町)。地元では「いつもの食堂」と呼ばれる人気店。主人が鉄道好きで知られ、店内にはさまざまな鉄道関連のものがあり、切符は数万枚を収集している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 
    2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
    3. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手
    4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
    5. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです