メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋で車衝突、10人けが 女性と子供が意識不明
豊島の産廃

地下水汚染が深刻化 「浄化完了」不透明に

地下水の浄化作業が続く豊島の処分地=土庄町で2018年8月6日、岩崎邦宏撮影

 国内最大級の産業廃棄物の不法投棄事件があった豊島(香川県土庄町)で地下水の汚染が深刻化している。処分地の7割近くで深い層の地下水が排水基準を満たしていないことが、県の調査で判明。国の財政支援を受けられる産廃特措法の期限である2022年度までに浄化完了を目指しているが、想定外の事態だけに先行きは不透明だ。【岩崎邦宏】

 豊島の産廃を巡っては、昨年3月に約91万トンの搬出が完了。同6月に直島(直島町)での処理を終えたが…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1041文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです