メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃

地下水汚染が深刻化 「浄化完了」不透明に

地下水の浄化作業が続く豊島の処分地=土庄町で2018年8月6日、岩崎邦宏撮影

 国内最大級の産業廃棄物の不法投棄事件があった豊島(香川県土庄町)で地下水の汚染が深刻化している。処分地の7割近くで深い層の地下水が排水基準を満たしていないことが、県の調査で判明。国の財政支援を受けられる産廃特措法の期限である2022年度までに浄化完了を目指しているが、想定外の事態だけに先行きは不透明だ。【岩崎邦宏】

 豊島の産廃を巡っては、昨年3月に約91万トンの搬出が完了。同6月に直島(直島町)での処理を終えたが…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです