メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

神戸付近に再上陸 土砂災害や高波警戒

台風21号の接近で、高波が打ち寄せる安芸漁港=高知県安芸市で2018年9月4日午前9時50分、山田尚弘撮影

 非常に強い台風21号は4日正午ごろ徳島県南部に上陸した後、午後2時ごろ、神戸市付近に再上陸した。同日夜には西日本を中心に猛烈な風雨に見舞われる可能性が強く、土砂災害や高波などへの警戒が必要になる。

 気象庁によると、午後1時現在の台風の中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は60メートル。時速60キロで北北東に進んでおり、同日夜には日本海側に抜ける見通し。【山崎征克】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです