メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

アベノミクス重いツケ 経済好循環生まれず

アベノミクスを進めてきた安倍晋三首相(右)と日銀の黒田東彦総裁=国会内で3月28日、川田雅浩撮影

 「5年半で経済は11.8%成長し、昨年は過去最高を記録した。雇用では正社員が78万人増えた」

 8月26日、自民党総裁選への立候補を表明した安倍晋三首相(63)は鹿児島市での党会合で経済政策「アベノミクス」の成果を強調した。2012年12月の第2次安倍内閣発足から5年8カ月。アベノミクスの恩恵が地方に十分届いていないという批判を意識し、首相は8月下旬から地方行脚を精力的にこなす。

 旧民主党から政権を奪還した首相は「経済最優先」を打ち出し、憲法改正など保守色の濃い政策をひとまず抑…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1271文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです