沖縄県知事選

佐喜真氏が公約 辺野古移設の是非示さず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う知事選(13日告示、30日投開票)に出馬する前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新推薦=が3日、那覇市で記者会見し、選挙公約を発表した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)について「一日も早い返還の実現を求める」としたが、支援を受ける安倍政権が進める名護市辺野古への県内移設計画の是非は示さなかった。

 2月の名護市長選では、自公維の推薦を受けた候補が辺野古移設の是非に触れず、地域振興を訴えて勝利。翁長氏の後継候補として出馬する自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(58)=沖縄3区=が移設反対を掲げるのに対し、佐喜真氏は同様の戦術で争点化を避ける狙いを明確にした。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文585文字)

あわせて読みたい