メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経団連

採用ルール廃止表明 会長「21年春採用から」

経団連の中西宏明会長=宇都宮裕一撮影

 経団連の中西宏明会長は3日の定例記者会見で、会員企業向けに会社説明会や面接の解禁時期などを定めた採用活動の指針を廃止する意向を表明した。現在の大学2年生が対象となる2021年春入社の採用から適用する方針だが、就職活動の長期化懸念などから大学などの反発も予想され、廃止表明は波紋を広げそうだ。

 中西会長は会見で「経団連が採用の日程を采配すること自体が極めて違和感があるとずっと感じていた」と指針に対する疑問を示し、「何月解禁とか経団連の意見としては言わない」との意向を述べた。

 現行の指針は17年春入社から適用され、会社説明会などの広報活動は3月1日、面接などの選考活動は6月1日を解禁日とし、10月1日を内定日と定めている。20年春入社までは現行の指針の継続が決まっていたが、21年春入社については、今秋をめどに結論を出すとしていた。実際に廃止されれば、1953年の「就職協定」から開始された採用活動のルールがなくなることになる。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです