メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟県警

寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

[PR]

 新潟県警は3日、高速道路で時速175キロを出して県警車両を運転したとして、県内の警察署所属の女性巡査(23)を道路交通法違反(速度超過)の疑いで新潟区検に書類送検し、併せて同日付で戒告処分にしたと発表した。公務に寝坊し、急いでいたという。

 県警によると女性巡査は7月4日朝、警察官の採用リクルーターとしての研修に参加する予定だったが寝坊。同僚2人と共に予定より30分遅く所属の警察署を出発した。

 寝坊に責任を感じた女性巡査は「自分に運転させて」と申し出、新潟市内の県警本部を目指して法定最高速度100キロの高速道路を175キロで走行。同僚2人は「遅刻と連絡して急がず行こう」と止めたが速度を緩めず、速度違反取り締まり装置(オービス)に記録されたという。研修には間に合った。

 運転した県警車両は一般車両と区別のつかない仕様で、赤色灯はなかった。女性巡査は「自分のせいで遅刻したら皆に迷惑がかかると思った」と供述し、反省しているという。

 岡本義美首席監察官は「遅刻しても罰はない。連絡すれば良かったのに」と困った表情を見せた。【南茂芽育】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです