メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟県警

寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

 新潟県警は3日、高速道路で時速175キロを出して県警車両を運転したとして、県内の警察署所属の女性巡査(23)を道路交通法違反(速度超過)の疑いで新潟区検に書類送検し、併せて同日付で戒告処分にしたと発表した。公務に寝坊し、急いでいたという。

 県警によると女性巡査は7月4日朝、警察官の採用リクルーターとしての研修に参加する予定だったが寝坊。同僚2人と共に予定より30分遅く所属の警察署を出発した。

 寝坊に責任を感じた女性巡査は「自分に運転させて」と申し出、新潟市内の県警本部を目指して法定最高速度100キロの高速道路を175キロで走行。同僚2人は「遅刻と連絡して急がず行こう」と止めたが速度を緩めず、速度違反取り締まり装置(オービス)に記録されたという。研修には間に合った。

 運転した県警車両は一般車両と区別のつかない仕様で、赤色灯はなかった。女性巡査は「自分のせいで遅刻したら皆に迷惑がかかると思った」と供述し、反省しているという。

 岡本義美首席監察官は「遅刻しても罰はない。連絡すれば良かったのに」と困った表情を見せた。【南茂芽育】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです