メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾畠春夫さん

町功労者表彰に「体力と健康続く限り」

大分県日出町から功労者表彰を受けた尾畠春夫さん=日出町役場で2018年9月3日、大島透撮影

 山口県周防大島(すおうおおしま)町で行方不明となった藤本理稀(よしき)ちゃん(2)を見つけて保護した大分県日出(ひじ)町の尾畠(おばた)春夫さん(78)が3日、日出町功労者表彰を受けた。本田博文町長から表彰された尾畠さんは「うれしい。体力と健康が続く限りボランティア活動を続けたい」と話した。

 同町は、表彰理由を「長年ボランティアに取り組み、東日本大震災や熊本地震などで困っている人を見ると、たちどころに駆けつけて支援する行動力と、謝礼を一切受け取らない高潔な姿勢は、町民に勇気と誇りを与え、模範でもある」としている。

 尾畠さんは中学卒業後、大分県別府市内の鮮魚店で働き始め、やがて自分の店を持ったが、65歳の誕生日に店をたたんだ。「15歳から50年間働いた後は好きなことをする」と決めていたという。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです