メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

メンバー大きく入れ替え「森保流」

選手たちに指示を送る日本代表の森保一監督(左)=札幌厚別公園競技場で2018年9月3日、竹内幹撮影

 これほどごっそりとメンバーが代わったサッカー日本代表は近年、記憶にない。W杯ロシア大会メンバーは東口(ガ大阪)、槙野、遠藤(シントトロイデン)、植田(セルクル・ブリュージュ)の4人だけ。森保監督率いる新生日本代表は、肌寒い風が吹く札幌で静かに滑り出した。

 短い練習の中で「森保流」の根底となる考え方ははっきり伝えた。冒頭、約2分間の円陣で「チーム、仲間のために走れる選手がここにいる。組織的に日本人の良さで戦った上で個々の特徴、スペシャルな部分を存分に発揮し、…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  2. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  3. 全国女性消防操法大会 和木隊が準優勝 町長に報告 /山口

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです