メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

出版社「めこん」40周年 後世に残るいい本を アジアをテーマに幅広く刊行

創立40年を祝う会で話す桑原さん(中央)=東京都千代田区で8月5日

 アジア専門の出版社、めこん(東京都文京区)が今年創立40年を迎える。社名にあるように東南アジアを流れる大河メコン流域を中心に、人文・社会科学から小説、旅の本、語学書まで幅広い分野の本を刊行してきた。その数約300点。書店で東南アジア関連書籍に触れる機会が減っているなか、代表の桑原晨(しん)さん(74)は「いつの間にか40年。同世代の出版社が次々店を閉めているなかで、よく続いてきたと思う」と振り返る。

 創立は1978年12月。青年海外協力隊の日本語教師として2年間ラオスで活動した桑原さんが、帰国後、現所在地近くの本郷に会社を構えた。「出版社を起こすことに強い覚悟もなかったんですよ。当時はとにかくアジアの本がなかった。その隙間(すきま)で本を出していけると思ったんです」

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです