メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

出版社「めこん」40周年 後世に残るいい本を アジアをテーマに幅広く刊行

創立40年を祝う会で話す桑原さん(中央)=東京都千代田区で8月5日

 アジア専門の出版社、めこん(東京都文京区)が今年創立40年を迎える。社名にあるように東南アジアを流れる大河メコン流域を中心に、人文・社会科学から小説、旅の本、語学書まで幅広い分野の本を刊行してきた。その数約300点。書店で東南アジア関連書籍に触れる機会が減っているなか、代表の桑原晨(しん)さん(74)は「いつの間にか40年。同世代の出版社が次々店を閉めているなかで、よく続いてきたと思う」と振り返る。

 創立は1978年12月。青年海外協力隊の日本語教師として2年間ラオスで活動した桑原さんが、帰国後、…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1382文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです