メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

「ハゲタカジャーナル」=粥川準二(科学ライター)

 9月3日、毎日新聞ウェブ版は2本の記事で「ハゲタカジャーナル」の問題を取り上げた。ハゲタカジャーナルとは、英語では「Predatory Journal」と言い、著者が掲載料さえ払えば、ごく甘い査読だけで質が保証されていない論文でも載せてしまうオンライン学術雑誌のことだ。当然ながら間違った知識が広まる原因になり、学術界では数年前から問題視されてきた。英語圏のジャーナリストがデタラメな文章を論文原稿として投稿してみたら、採択されてしまったということもある。国際雑誌で論文発表したという既成事実をつくるためにこれを積極的に利用する研究者もいる。

 毎日新聞の記事は、日本にもハゲタカジャーナルを利用する研究者がいることを明らかにし、九州大学が対策…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです