メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ナビゲート

「ハゲタカジャーナル」=粥川準二(科学ライター)

 9月3日、毎日新聞ウェブ版は2本の記事で「ハゲタカジャーナル」の問題を取り上げた。ハゲタカジャーナルとは、英語では「Predatory Journal」と言い、著者が掲載料さえ払えば、ごく甘い査読だけで質が保証されていない論文でも載せてしまうオンライン学術雑誌のことだ。当然ながら間違った知識が広まる原因になり、学術界では数年前から問題視されてきた。英語圏のジャーナリストがデタラメな文章を論文原稿として投稿してみたら、採択されてしまったということもある。国際雑誌で論文発表したという既成事実をつくるためにこれを積極的に利用する研究者もいる。

 毎日新聞の記事は、日本にもハゲタカジャーナルを利用する研究者がいることを明らかにし、九州大学が対策…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文727文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 「全員野球できた」鶴岡東主将、全力出し切り「悔いはない」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです