メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

鶴沢寛治さん 89歳=文楽三味線の人間国宝

 品良く艶のある音色で人形浄瑠璃の世界を支えた文楽三味線の人間国宝、鶴沢寛治(つるざわ・かんじ、本名・白井康夫=しらい・やすお)さんが5日、死去した。89歳だった。

 京都生まれ。豪快な三味線で知られた父の三代目鶴沢寛治郎(後の六代目寛治、人間国宝)に入門。1943年に寛子(かんこ)の名で初舞台を踏んだ。44年に寛弘(かんこう)と改名、56年に八代…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです