メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本テレマン協会

聴衆と55年、今後も仕掛ける 来月記念公演 大阪・中央公会堂

日本テレマン協会創設メンバーの延原武春(右)と北山隆=大阪市北区で、田中博子撮影

 関西を拠点にバロック音楽の演奏を専門にしている「日本テレマン協会」が創設から55周年を迎えた。10月21日の記念特別演奏会は、大阪・中之島の大阪市中央公会堂を全館貸し切りにして開く。ともに創設メンバーで、指揮者の延原武春(音楽監督)とリコーダー奏者の北山隆(大阪音大名誉教授)は「当初から一貫して『音楽家がエラそうにしていてはあかん。みんなが楽しめないと』という思いがあった」と語る。

 大阪音大の学生時代、延原が同級生の北山らを誘って学内にバロック研究会を作ったのがきっかけ。「音楽にはいろいろあるけど、その根幹はバロック。基本を追求していこう」と図書室で文献研究を始めたという。バロック期の代表的作曲家、テレマンがもっとも愛した楽器がリコーダーと知り、フルートを吹いていた北山はリコーダーの勉強を始めた。

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです