メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スケッチ

表現する障害者、個々に光

 「地蔵とリビドー」とはどこか謎めいた言葉だ。知的障害や精神疾患を持つアーティストたちの作品に光を当てたドキュメンタリー映画のタイトル。人間が本来持っている生きるエネルギーを表す「リビドー」に象徴されるように、映画はいきいきと輝く個性が際立つ構成になっている。大阪市北区のシネ・リーブル梅田で29日から上映が始まる。

 表現活動を20年以上続けている滋賀県甲賀市の障害者施設「やまなみ工房」(山下完和(まさと)施設長)…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 「うれしくて体が震えた」優勝の徳勝龍に中学時代の校長 地元・奈良

  5. 中国「感染力は強まっている」 武漢からの観光客の感染確認、4例目 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです